借りてきたLinuxサーバーによくやることリスト for 自分

借りてきたLinuxサーバーによくやることリスト for 自分

借りてきたばかりのLinuxサーバー(CentOS)によくやることをまとめておきました。
意外とあれこれやることあったりして忘れるんですよね。ほぼ自分用です。

やることリスト

タイムゾーンの変更

AWSとか海外サーバーだとタイムゾーンが日本じゃないので合わせます。

タイムゾーンの確認

timedatectl

タイムゾーンを日本に変更

timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

hostnameの変更

デフォルトになっていると思うので変更します。
特に影響することないですが、ターミナルの表示も変わるのでわかりやすいよういつも変更してます。

hostnameの変更

hostnamectl set-hostname
test.localに変更したかったらhostnamectl set-hostname test.localのように扱う。

パッケージの更新

インストールされているパッケージを一括で更新。

yum -y update

ファイアウォール

状態表示

firewall-cmd --list-all

サービスの追加

firewall-cmd --permanent --zone=public --add-service=http
サービス名を指定して開放する方法です。

ポート番号での追加

firewall-cmd --permanent --zone=public --add-port=80/tcp
ポート番号を指定して開放する方法です。

設定の反映

firewall-cmd --reload

AWS EC2限定

rootでのSSH接続許可

EC2のCentOSって最初centosユーザーじゃないとSSH接続できないので、rootユーザーでも接続できるようにします。

centosユーザーからrootユーザーへ切り替え

sudo su -

rootユーザーのauthorized_keysを上書き

cat /home/centos/.ssh/authorized_keys > /root/.ssh/authorized_keys
/root/.ssh/authorized_keysで制御されているだけっぽいので、centosユーザーのauthorized_keysをrootユーザーのほうへ上書きしてしまいます。

紹介・解説カテゴリの最新記事