CS:GO ServerをCentOS 7で作ってみよう その3 <サーバーモッド編>

CS:GO ServerをCentOS 7で作ってみよう その3 <サーバーモッド編>

今回は、CS:GOサーバーにModを導入してみます。
MinecraftでいうCraftbukkitやSpigotのようなサーバーModがCS:GOにも存在します。
サーバーModを導入することで標準にはない機能を追加して、練習したり遊んだりすることができます。

今回使用するサーバーモッド

今回使用するサーバーModはMetamodSourcemodです。
こちらのサーバーModはSource Engineのゲームサーバーに使うことができます。

MetamodとSourcemodはコミュニティサーバでは当たり前のように使用されています。
コミュニティサーバーだけでなく大会でも使用されています。

サーバーModを導入することで、プラグインを使用することができます。
マッチを効率よく進行してくれるプラグインや、公式サーバーにはないモードを追加することができます。

Metamod

Sourcemodを動かす基盤となるMetamodを導入します。

Metamodの導入

cd ~/srcds/match/csgo
CS:GOサーバーフォルダの中にあるcsgoフォルダに移動します。

curl -sqL '__metamod_stable_download_link__' | tar zxvf -
Metamodをダウンロードし解凍します。Metamodはこちらのページで公開されています。

最新のダウンロードリンクを取得して表示しています。好みのバージョンを使用する場合はご自身でリンクを変えてご使用ください。
__metamod_stable_download_link__が表示されている場合は、各自でMetamodのダウンロードURLに置き換えてください。

metamod.vdfの置き換え

wget -O ./addons/metamod.vdf https://www.sourcemm.net/vdf?vdf_game=csgo
このコマンドを使用して、addonsフォルダ内にあるmetamod.vdfをCS:GO用の物に置き換えます。


これでMetamodの導入は終わりです。そのまま次へ進みます。

Sourcemod

次にSourcemodの導入をします。こちらを入れないとプラグインを動かすことができません。

Sourcemodの導入

curl -sqL '__sourcemod_stable_download_link__' | tar zxvf -
Sourcemodをダウンロードし解凍します。Sourcemodはこちらのページで公開されています。

最新のダウンロードリンクを取得して表示しています。好みのバージョンを使用する場合はご自身でリンクを変えてご使用ください。
__sourcemod_stable_download_link__が表示されている場合は、各自でSourcemodのダウンロードURLに置き換えてください。

これでSourcemodの導入は完了です。

Adminの追加

SourcemodにAdminアカウントを追加する方法です。

vim ~/srcds/match/csgo/addons/sourcemod/configs/admins.cfg
admins.cfgを開きます。

37行目~38行目のかっこの中にSteamアカウントの情報を記入します。
例として私のSteamアカウントを追加する場合はこのようになります。

各タグの説明
auth: steam, name, ip のどれかを記入してプレイヤーを指定します。(入力必須)
identity: authに適した値を入力。steamの場合は、SteamID32の値を入力。(入力必須)
flags: このプレイヤーがアクセスできるフラグを入力。フラグについてはこちらを参照

これで、サーバーModの導入は完了です。

>> CS:GO ServerをCentOS 7で作ってみよう その4 <起動編>

紹介・解説カテゴリの最新記事